日本のAI企業(yè)が取るべき戦略とは 『AI Index Report 2024』から紐解く、世界のAI業(yè)界動(dòng)向

日本AI企業(yè)應采取的戰略——從《AI Index Report 2024》解析全球AI行業(yè)動(dòng)向

「人類(lèi)の未來(lái)をAIによってより良いものにする」というミッションをかかげて2019年に設立されたアメリカ?スタンフォード大學(xué)の研究機関HAI(Institute for Human-Centered AI:人間中心のAIのための研究所)。同研究所が2024年4月15日、AI業(yè)界の現狀を包括的に調査したレポート『AI Index Report 2024』を発表した
このレポートを閲覧すると、國や組織がどのくらいAI開(kāi)発に投資しているのか、あるいはAIの性能はどのくらい人間の能力に肉薄しているのか、といったことがわかる。本稿では同レポートにもとづいて、AI開(kāi)発への投資狀況やAI開(kāi)発をけん引する國や組織を明らかにしたうえで、日本のAI企業(yè)が世界と戦うための戦略を考察する。

2019年,美國斯坦福大學(xué)成立了一個(gè)研究機構——人類(lèi)中心AI研究所(HAI),其使命是“通過(guò)AI讓人類(lèi)的未來(lái)更加美好”。該研究所于2024年4月15日發(fā)布了一份全面調查AI行業(yè)現狀的報告《AI Index Report 2024》。
通過(guò)這份報告,可以了解各國和組織在A(yíng)I開(kāi)發(fā)上的投資規模,以及AI性能在多大程度上接近人類(lèi)能力。本文將基于這份報告,揭示AI開(kāi)發(fā)的投資狀況和引領(lǐng)AI開(kāi)發(fā)的國家和組織,并探討日本AI企業(yè)在全球競爭中應采取的戰略。

■アメリカが生成AIへの投資をけん引
『AI Index Report 2024』第4章「経済」(※2)では、AI開(kāi)発への投資狀況や企業(yè)でのAI活用狀況をまとめている。まず世界におけるAI開(kāi)発への投資から見(jiàn)ると、2023年は前年比20%減の約1,892億ドルだった。実のところ、AI投資の減少傾向は2021年から続いている。ただし、これはAI業(yè)界全體への投資を含む數値だ。
ChatGPTをはじめとする「生成AI」への投資に限定すると、一転して2023年には爆増しており、2022年比の9倍、2019年比では30倍の約252億ドルであった。こうした生成AIへの活発な投資は2024年も続いており、たとえばイーロン?マスクが率いるAIスタートアップ「xAI」は2024年5月26日、60億ドルの資金調達に成功した(※3)。

美國引領(lǐng)生成式AI的投資
《AI Index Report 2024》第四章“經(jīng)濟”總結了AI開(kāi)發(fā)的投資狀況和企業(yè)對AI的應用情況。從全球AI開(kāi)發(fā)投資來(lái)看,2023年約為1892億美元,同比減少20%。實(shí)際上,自2021年以來(lái),AI投資的減少趨勢一直在持續。不過(guò),這個(gè)數字是包括了對整個(gè)AI行業(yè)的投資。
如果只看對生成式AI(如ChatGPT)的投資,2023年則大幅增加,是2022年的9倍,2019年的30倍,達到約252億美元。這種對生成式AI的積極投資在2024年仍在繼續,例如由埃隆·馬斯克領(lǐng)導的AI初創(chuàng )公司“xAI”在2024年5月26日成功籌集了60億美元。

2023年における株式公開(kāi)をしていないAI企業(yè)への投資を國別に集計すると、圧倒的1位がアメリカの約672億ドル、次いで中國の約78億ドル、イギリスの約38億ドルという結果に。一方で、日本の投資額はアメリカの約1%に過(guò)ぎない約7億ドルであった。
つづいては、企業(yè)での生成AI活用狀況を見(jiàn)ていこう。企業(yè)における生成AI導入率を地域別に集計したグラフがある。
世界平均は33%であり、1位はアメリカを含む北米の40%であった。2位がインドやラテンアメリカ諸國といった発展途上國の33%で、日本を含むアジア太平洋地域は最下位の30%という結果が示された。

按國家統計2023年對未上市AI企業(yè)的投資,美國以約672億美元遙遙領(lǐng)先,其次是中國的約78億美元,英國的約38億美元。相對而言,日本的投資額僅為美國的約1%,約為7億美元。
接下來(lái),看看企業(yè)對生成式AI的應用情況。按地區統計的企業(yè)生成式AI采用率數據顯示,全球平均為33%,北美(包括美國)最高,為40%。其次是印度和拉美國家的33%,而亞太地區(包括日本)則以30%墊底。

日本を含むアジア太平洋地域が最下位になった要因としては、これらの地域の母國語(yǔ)が生成AIが得意とする英語(yǔ)をはじめとするヨーロッパ諸國語(yǔ)と大きく異なっていることが指摘できるかもしれない。ちなみに、生成AI導入率2位のインドでは準公用語(yǔ)として英語(yǔ)が使われ、同じく2位のラテンアメリカ諸國はスペイン語(yǔ)やポルトガル語(yǔ)が話(huà)されている。
以上をまとめると、現在のAI業(yè)界は2010年代にはじまった第三次AIブームが終焉を迎えたことによる経済的減少傾向と、2020年代になって臺頭した生成AIブームによる経済的増加傾向が混在していると言える。そして、生成AIブームをけん引するのは、OpenAIをはじめとする主要なAI企業(yè)が本拠地をおくアメリカなのだ。

亞太地區(包括日本)在生成式AI采用率上墊底的原因可能是這些地區的母語(yǔ)與生成式AI擅長(cháng)的英語(yǔ)和其他歐洲語(yǔ)言有很大差異。值得注意的是,采用率第二的印度將英語(yǔ)作為官方語(yǔ)言之一,而同樣排名第二的拉美國家則主要講西班牙語(yǔ)或葡萄牙語(yǔ)。
綜上所述,目前的AI行業(yè)混雜著(zhù)2010年代開(kāi)始的第三次AI浪潮結束導致的經(jīng)濟下降趨勢和2020年代生成式AI浪潮興起帶來(lái)的經(jīng)濟上升趨勢。而引領(lǐng)生成式AI浪潮的是OpenAI等主要AI企業(yè)總部所在地美國。

■寡占化に向かう基盤(pán)モデル開(kāi)発
OpenAIのGPT-4やGoogleのGeminiは、さまざまなAIサービスに活用される言わば“AIサービスのOS”であることから、基盤(pán)モデルと呼ばれる?!篈I Index Report 2024』第1章「研究開(kāi)発」(※4)では、世界における基盤(pán)モデル開(kāi)発狀況がまとめられている。
2019年から2023年までに開(kāi)発された基盤(pán)モデル數を、産業(yè)界や學(xué)界といった開(kāi)発したセクターごとにまとめたグラフを確認してみると、2020年まではセクター間の差は大きくなかったが、2021年以降、産業(yè)界において多數の基盤(pán)モデルが開(kāi)発されるようになる。2023年に産業(yè)界の開(kāi)発した基盤(pán)モデル數は108個(gè)にものぼり、2位の學(xué)界に大差を付けて圧倒的1位となった。
基盤(pán)モデル開(kāi)発において産業(yè)界が圧倒的に優(yōu)位となったのは、こうしたAIを開(kāi)発するのにかかる莫大な資金を投じられるのがGoogleをはじめとした巨大AI企業(yè)に限られるからである。

向寡頭壟斷發(fā)展的基礎模型開(kāi)發(fā)
OpenAI的GPT-4和谷歌的Gemini等被稱(chēng)為基礎模型,因為它們是各種AI服務(wù)的“操作系統”?!禔I Index Report 2024》第一章“研究開(kāi)發(fā)”向我們總結了全球基礎模型開(kāi)發(fā)狀況。
從2019年到2023年開(kāi)發(fā)的基礎模型數量按開(kāi)發(fā)部門(mén)(如工業(yè)界、學(xué)術(shù)界)統計的圖表顯示,2020年之前,各部門(mén)差距不大,但自2021年以來(lái),工業(yè)界開(kāi)發(fā)的基礎模型大幅增加。2023年,工業(yè)界開(kāi)發(fā)的基礎模型數量達到108個(gè),遠超第二名的學(xué)術(shù)界。
工業(yè)界在基礎模型開(kāi)發(fā)中占據絕對優(yōu)勢的原因是,開(kāi)發(fā)這些AI所需的巨額資金只有谷歌等巨型AI企業(yè)才能承擔。

2023年に開(kāi)発された基盤(pán)モデル數を開(kāi)発した組織ごとに集計すると、次のような結果になる。1位はGoogleの18個(gè)、2位はMetaの11個(gè)、3位はMicrosoftの9個(gè)、そして4位はOpenAIの7個(gè)という順?lè )摔胜盲?。これらの企業(yè)は、AI関連ニュースでもよく言及されるので納得のいくランキングだろう。
2023年に開(kāi)発された基盤(pán)モデル數を國ごとに集計すると、圧倒的1位はアメリカの109個(gè)、2位は中國の20個(gè)、3位はイギリスの8個(gè)となる。4位にアラブ首長(cháng)國連邦がランキングしているのは、同國が近年AI開(kāi)発に多額の投資をしているからと考えられる。同國はAIと半導體の商取引に焦點(diǎn)を合わせたテクノロジー投資會(huì )社を設立しており、運用資産が「數年以?xún)趣?,000億ドルを超える可能性がある」とブルームバーグが2024年3月11日に報じている(※5)。
以上をまとめると、最先端の基盤(pán)モデルを開(kāi)発できるのはGoogleやOpenAIといった資金力のある巨大AI企業(yè)に限られるようになると言える。スマートフォンのOSがiOSとAndroidの二大OSによる寡占狀態(tài)になったように、近未來(lái)のAI市場(chǎng)は非常に強力な2、3の基盤(pán)モデルによって支配されるようになるかもしれない。

按組織統計2023年開(kāi)發(fā)的基礎模型數量,排名如下:谷歌18個(gè),Meta 11個(gè),微軟 9個(gè),OpenAI 7個(gè)。這些企業(yè)在A(yíng)I相關(guān)新聞中也經(jīng)常被提及,這個(gè)排名也算合理。
按國家統計2023年開(kāi)發(fā)的基礎模型數量,美國以109個(gè)居首,中國以20個(gè)排名第二,英國以8個(gè)排名第三。阿聯(lián)酋排名第四,原因是該國近年來(lái)對AI開(kāi)發(fā)投入了大量資金。該國成立了專(zhuān)注于A(yíng)I和半導體交易的科技投資公司,2024年3月11日,彭博社報道該公司的管理資產(chǎn)“可能在幾年內超過(guò)1000億美元”。
因此,只有像谷歌和OpenAI這樣資金雄厚的巨型AI企業(yè)才能開(kāi)發(fā)最前沿的基礎模型。未來(lái)的AI市場(chǎng)可能會(huì )像智能手機操作系統由iOS和Android壟斷一樣,被2到3個(gè)強大的基礎模型主導。

■“AIに寛大な日本”で開(kāi)発すべきAIとは
『AI Index Report 2024』第9章「世論」(※8)では、各國の人々がAIに対して抱く感情に関するアンケート調査の結果もまとめられている。調査とは、31ヵ國の16歳から74歳の22,816人に対して、AIを使った製品とサービスに関する記述に対して「そう思う」「そう思わない」という二択で回答するものである。その結果をまとめたグラフを見(jiàn)てみよう。
「人工知能を使った製品とサービスは欠點(diǎn)より利益が上回る」という設問(wèn)に対して「そう思う」と回答した人の割合は、2022年の52%から2023年では54%に上昇した。その一方で、「人工知能を使った製品とサービスによって、より神経質(zhì)になっている」という設問(wèn)に対して「そう思う」と答えた人の割合は、2022年の39%から52%に急上昇している。この結果は、AIを歓迎すると同時(shí)にその影響に懸念を抱くというアンビバレントな感情をもつ人が多いことを意味している。

那么“對AI很寬松的日本”應開(kāi)發(fā)何種AI呢?
《AI Index Report 2024》第九章“輿論”里,總結了各國民眾對AI的感情調查結果。調查涉及31個(gè)國家的16至74歲人群,共22,816人,對AI產(chǎn)品和相關(guān)服務(wù)進(jìn)行“同意”或“不同意”的二選一調查。
針對“使用AI的產(chǎn)品和服務(wù)的好處超過(guò)缺點(diǎn)”這一問(wèn)題,2023年回答“同意”的人比例從2022年的52%上升到54%。另一方面,對“使用AI的產(chǎn)品和服務(wù)讓我更神經(jīng)質(zhì)”的問(wèn)題,回答“同意”的人比例從2022年的39%急升至52%。這意味著(zhù)許多人對AI既歡迎又擔憂(yōu)。

レポートに掲載されているグラフのなかには、先ほどのアンケート調査を各國別に集計したものである。注目すべきは「人工知能を使った製品とサービスによって、より神経質(zhì)になっている」に対して「そう思う」の割合がもっとも低い國、言い換えれば、“AIに対してもっとも寛大な國”が日本であることだ。日本の23%に対して、2位のポーランドが38%、3位の韓國が44%と、大幅に差を付けていることも特筆すべきポイントだ。
以上のように、『AI Index Report 2024』にもとづいてAI業(yè)界をさまざまな観點(diǎn)から考察すると、日本はAI開(kāi)発においてAI大國であるアメリカに「挑戦する立場(chǎng)」であることが明らかになる。ただしこの挑戦に際して、多額の資金を投入して最先端基盤(pán)モデルを開(kāi)発するような正攻法は、あまり得策ではないだろう。正攻法でアメリカの巨大AI企業(yè)に挑んでも、返り討ちにあう可能性が高い。

按國家統計的調查結果顯示,對“使用AI的產(chǎn)品和服務(wù)讓我更神經(jīng)質(zhì)”回答“同意”比例最低的國家是日本,僅為23%,遠低于第二名波蘭的38%和第三名韓國的44%。
因此基于《AI Index Report 2024》對AI行業(yè)的多方面考察,可以看出日本在A(yíng)I開(kāi)發(fā)上處于“挑戰者”的地位。但面對挑戰,直接投入巨資開(kāi)發(fā)最前沿的基礎模型并不是明智之舉。尤其是與美國巨型AI企業(yè)正面競爭,失敗的可能性很高。

日本のAI企業(yè)がとるべき戦略とは、“日本でしか作れないAI”を開(kāi)発することではないだろうか。そうした日本的AIの一例として、日本にある巨大な知的財産であるマンガやアニメに関するデータを活用して、日本マンガ的な畫(huà)像や日本アニメ的な動(dòng)畫(huà)を生成するAIが考えられるのではないだろうか(もちろん、こうしたIPコンテンツが関連するモデル開(kāi)発の是非については、多くのクリエイターが関わる問(wèn)題であるため慎重な議論が必要なことも併記しておきたい)。
日本國民はAIに寛大であるうえに、モデルの學(xué)習データにまつわる法制度も諸外國と比べて緩いものとなっている。國際市場(chǎng)における日本の強みである膨大な知的財産と、AIをめぐる有利な環(huán)境を生かすことができれば、日本のAI企業(yè)が世界の注目を浴びることも十分可能なのではないだろうか。

日本AI企業(yè)應采取的戰略是開(kāi)發(fā)一些“只能在日本制造的AI”。例如,利用日本龐大的知識產(chǎn)權,如漫畫(huà)和動(dòng)畫(huà)數據,開(kāi)發(fā)生成日本漫畫(huà)風(fēng)格圖像或日本動(dòng)畫(huà)風(fēng)格視頻的AI。當然,這樣的IP內容相關(guān)模型開(kāi)發(fā)的可行性需要慎重討論,因為這涉及眾多創(chuàng )作者。
日本公眾對AI寬容,且與其他國家相比,關(guān)于模型學(xué)習數據的法律制度較寬松。如果能夠利用日本在國際市場(chǎng)上的龐大知識產(chǎn)權和有利的AI環(huán)境,日本AI企業(yè)在全球嶄露頭角是完全可能的。